忍者ブログ
【BBFカウンタートレード】FX必勝法マニュアル|毎日数千円~数万円をコンスタントに稼ぐ!逆張り裁量トレードマニュアルの決定版
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【BBFカウンタートレード】FX必勝法マニュアル|毎日数千円~数万円をコンスタントに稼ぐ!逆張り裁量トレードマニュアルの決定版





今後、FXを続けていかれる方には必ず手に入れていただきたいマニュアルになっています。

初心者程「逆張り」で稼げ!「タブー」とされる逆張り程、初心者が稼ぎやすい理由とは?
「王道」とされる順張りで初心者が稼ぐことは、実は少し難しいと言わざるを得ません。もし貴方が、今までトレンドフォロー、順張りの手法でなかなか勝てなかったというのなら、そこには明確な理由があります。わたしたちが初心者にこそ順張りを勧める理由とは?

逆張りの生命線とも言える、「一方的な暴騰・暴落を回避する為のルール」とは?
暴騰や暴落が発生する場合、必ずと言っていい程相場には「あるサイン」が出ます。暴騰や暴落を回避し、リスクを抑えて逆張りで利益を積み重ねていくノウハウが、わたしたちにはあります。このルールをお教えします。実は、このルールを逆手に取ることで、トレンドフォロー型の投資をしている方も勝率を大きく上げることが出来るというものになります。

勝率を数倍に高める、「特殊な注文分散法」とは?
上手にポジションを分散して取引をすれば、そう簡単に負けることは御座いません。「これさえ守れば、たいていのロジックで勝ててしまう」とまで言われる、勝率を圧倒的に高める注文分散方法についてお話しています。

ブレイクした後、高い確率で「ここまで戻る」と予測出来る、あるラインとは?
相場の節目では、1度ラインをブレイクすると一気に勢いがつきます。しかし、「あるライン」まではこの値が直ぐに戻ることが多いことがわかっています。逆張りの場合には利益確定ポイントとなり、トレンドフォローの場合には買い増し・売り増しのチャンスとなる、このラインとは?

ルールを間違って覚えていた方まで、連勝連勝で儲かってしまった?
トレードのロジックを間違えて覚えていた方も、「ある約束ごと」だけ守っていたため、なんとかなり利益を出してしまっていたと言う事がありました。着実に利益を取るトレードを実施する為に必要な「ある約束事」とは?

深追いはするな!上手に勝ち逃げする為の極意とは?
どんなに勢いのついた相場でも、必ず調整が入り、いったん落ち着くタイミングがあります。この落ち着いたタイミングを狙って利益を取ることは十分可能ですが、1つ間違えば大きな流れに持っていかれてしまいます。上手に勝ち逃げする為に守ら無くてないけない極意とは?

相場がブレイク寸前!?一方的な流れが起こることを予知する「ピンクのライン」とは?
逆張りでは、相場が一方的な流れに飲みこまれかけていることを予知してくれる、「ピンクのライン」を常に表示させて取引をしないといけません。このピンクのラインの正体とは?

30万円、100万円、150万円、200万円・・・資金別にポジションの大きさを解説
手持ちの資金の大きさにより、トレードの際のポジションの大きさは変わってきます。資金別にポジションの大きさを解説し、取引の際に迷わないで済むようにしています。

USD/JPYだけ、1時間足だけじゃない!通貨ペア、時間足をまたいで通用する手法
「BBF」でお伝えするのは、根本的なチャートの読み方です。よくある「USD/JPYでしか通用しないノウハウ」「30分足でしか、日足でしか通用しないノウハウ」ではなく、各通貨ペア、各時間足に応用していくことが可能です。

相場の反転は「ポイント」ではなく「●●●」で捉える
多くの逆張りトレーダーは、相場の反転を「ポイント」で捉えようとする為、上手くいかなくなります。ポイントではなく、「●●●」で捉える意識を強く持つことで、おもしろいように反転を捉えることが出来るようになります。

 

 

 

必ずFXで勝てるようになりますか?

わたしたちのトレードロジックは、100%の利益を保証するものでは御座いません。むしろ、投資に100%はあり得ませんので、100%をうたう業者がいればむしろ危険だと思って下さい。
もっとも、明確なルールに基づいた取引なので、ハードルはそう高くは御座いません。実際、開始1カ月で大きな利益を上げている方は非常に多くいらっしゃいます。

まだFX業者で口座を持っていないのですが、オススメの業者の紹介はして頂けるのでしょうか。

勿論です。「BBFカウンタートレード」を実行するのに最適なFX業者(国内)を何社かご紹介させていただきます。また、海外のFX業者でハイレバレッジのFX取引を行いたい方向けに、海外のFX業者での口座開設をする為のマニュアルもご用意しています。

マニュアル購入後、直ぐに利益を出せるでしょうか?

■恋愛相談で悲痛な悩みから生まれた、恋愛プログラム■「LEVEL ZERO」■ Prominent LOTO 『うつ病』を改善したいあなたへ 【女性】智恵とのぞみの1か月恋愛育成プログラム 復縁パワーストーン女性版 FX-Surfing ~FXでコンタントに稼ぐ伝説のファンドマネージャーの秘密~ たった1分で利益を倍増させる瞬感FX

中級者~上級者の方で、理論を理解出来る方はその日のうちに取引を開始出来るかもしれません。もっとも、当社としてはデモトレードで慣れていただいてからの取引をオススメしています。

忙しくて、ニュースのチェックが出来ません。経済や政治についても詳しくないのですが、取引に支障は御座いませんか?

システムトレード(ルールに従ったトレード)なので、基本的には問題御座いません。もっとも、現在の相場は政治・経済のニュースもきちんと把握した上で取引する方が勝率が上がることは間違い御座いません。最低限のニュースを簡単にチェックし、取引の糧とする方法もマニュアル内で示してあります。

60歳を超えておりPCの操作に少し不安がありますが、難しい操作が必要なものでしょうか?

PCでの難しい操作は特に必要御座いません。最初のチャート設定で戸惑うことがあるかもしれませんが、動画のマニュアルで対応しているため、動画を見ながら進めれば余り迷うことなく進んで頂けると思います。

この手法で取引をするには、最低いくらの資金が必要になりますか?

30万円程度あれば十分開始出来ることと思います。

この手法は、デイトレードでしょうか?スイングトレードでしょうか?

その日のうちに取引が完了するケースも多いため、デイトレードとも言えるかもしれませんが、日をまたいでの決済になる事もあるため、デイトレードとスイングトレードの中間位だとお考え下さい。

サポートはして頂けますか?

メールを24時間受け付けております。不明点等があれば遠慮なくメールにてご連絡下さい。メール回数の制限は御座いませんが、ご購入日から90日以内とさせていただきます。

初心者で、難しい用語が分からないのですが大丈夫でしょうか?

極力、難しい言葉は使わないようにしてご説明しています。また、先着特典の動画では、動画での解説・用語のテロップ解説等も入れてありますので、用語についてはさ程問題ないと思います。それでも問題がある場合には、当社までメールでご連絡下さい。メールサポートは無料でお受けしております。

1日中チャートに張り付くことが出来ませんが、大丈夫でしょうか?

1日中張り付くことはむしろ悪いことも多いため、推奨しておりません。待ち伏せ注文で対応出来るようマニュアルに記載してありますのでご安心下さい。

誰でも同じ結果の出る、いわゆるシステムトレードですか?

誰でも同じ結果の出るものでは御座いません。実施する人によって、取引枚数、タイミング、取り扱う通貨ペア等が変わってくるためです。

毎日取引をする事が出来ませんが、大丈夫でしょうか?

まったく問題御座いません。むしろ、生活サイクルに合わせて「トレード出来るときにトレードする」と言う事が出来るのが、BBFカウンタートレードのいい面でもあります。時間のとれるときにだけチャートをチェックし、取引していただくのがいいでしょう。

PCは5年前に購入したものを使っていますが、取引に問題ありますか?

MTチャートを利用する関係上、以下の推奨環境が整えられると良いでしょう。

OS:Microsoft windows XP、vista
CPU:Intel CoreTM 2 Duo e6600 2.4GHz processor 以上
メモリ:2.0GB 以上
ハードディスク:200MB 以上
ブラウザ:Internet Explorer 6.0 以上
画面解像度:1024×768 32ビット、16,777、216色以上
接続回線:ADSL、光回線等のブロードバンド回線

携帯での取引は可能ですか?

不可能では御座いませんが、より正確に判断する為、PCでの操作を推奨しております。PCでチャートを確認出来る時間に確認し、待ち伏せ注文を入れておくという方法をオススメしております。

 

PR
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
BBFカウンタートレード
性別:
非公開
ブログ内検索
アーカイブ

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]